Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2014/08/01

第113回「商品撮影のヘアメイク」

みなさんこんにちは。NAOです。
8月に入り暑さの厳しい日々が続きますね。ですが、海、プール、BBQ、お祭り、花火など、夏だからこそできる催しもたくさんあって、暑い暑いと言いながらも夏が終わってしまのがどこかさみしいなと思ってしまいます。
私のモットーは「一日一日充実した日々を送る」なのですが、夏は一年間の中でも忘れられない季節ですね。

先日、とある会社の秋冬新商品の撮影に行かせて頂きました。
今回の撮影は、商品をモデルさんが使ってるシーンの撮影や動画で、ファッション撮影とは異なり、商品はお洋服ではなく物になります。
仕上がりイメージも商品が目立ち、自然に見えるということが大事になってきますので、仕込みかた、スタイリングの仕方が違ってきます。
「撮影ヘアメイク」。ひとつのくくりになるのですが、なにが商品か。どんなライティングかによってベストに綺麗に見える濃さは変わってくるので、仕込みの段階から変えていくのもなかなか楽しいです。

専門学生のみなさんはそろそろ就活の時期ですね。ヘアメイクさんになりたい!と言ってもヘアメイクを施術する現場はたくさんあります。どんなヘアメイクが好きか、今一度考えてみて自分が一番好きな現場を見つけましょう。
「好きこそ物の上手なれ」昔の人はうまい事言いますね。この言葉を痛感させられます。
では次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column