Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2013/04/01

第98回「スタイリストのチェックポイント」

皆さんこんにちは。 4月になり暖かくなりましたね。花粉で大変な思いをしている方も多いのではないでしょうか?   嬉しいことに私は、花粉症ではないので春の暖かさや爽やかさを満喫しております。

今回は、とある有名なカタログの撮影で、久々にアシスタントとして現場に行かせて頂いたときのお話をしたいと思います。撮影の規模も大きく、私以外にヘアメイク2名、スタイリスト2名でした。またモデルさんも東京から有名な方が2名いらっしゃいました。

普段私たちは、ヘアメイク兼スタイリストとして活動していますが、今回はスタイリスト一筋の方とご一緒させて頂けました。いろいろと勉強になることが多くて、充実したお仕事でした。

スタイリストさんにチェックポイントを教えて頂きましたので、スタイリストをめざしている方は参考にしてみてください。

○上半身:モデルさんは動きながら撮影を進めていくので、手を動かすと首や肩がずれてきます。そして、トップスの裾の部分が上がってきます。首、方、裾は必ずチェックします。 ○下半身:スカートの時はあまりシワが出来ないので、主にトップスを中心に見ます。パンツになると股や膝のシワ、裾を必ずチェックします。

いかがですか。聞くと当たり前のように思うかもしれませんが、まずは基本のチェックポイントを意識して見て下さい。つぎのステップとしては、チェックしたポイントを手直しするテクニックなどになってきます。私もヘアメイク兼スタイリストとして現場に行くときはこの教えて貰ったチェックポイントを今よりもしっかりと意識して仕事に臨もうと思います。

ヘアメイクを目指す方はスタイリストのいない現場も多いので、このチェック部分はしっかりと意識して現場に臨むとより良い撮影ができると思います。

では、次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column