Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2017/03/01

第144回「ライブのお仕事」

皆さんこんにちは、NAOです。
気温は暖かいとは言えませんが、少しずつ暖かくなっていくのが感じられる今日この頃。いかがおすごしですか。
春服、春コスメに囲まれてウキウキしていますか?
花粉症の方はオシャレメイクどころではない!!とお悩みの方もいらっしゃると思います。

この時期はいろいろと変化のある月ですね。学生さんは一つ学年が上がったり、就職したり。社会人の方は職種を変えたり、場所を変えたり、転勤になったり。
自分の環境は変わらなくても取引先の方が変わったり、後輩が入ってきたり。はたまた先輩が独立したり。自分は変わらなくても何かしら変化のある時期だと思います。
新しい環境へ飛び込むのはドキドキするし、勇気もいると思いますが、一日一日、自分に嘘をつかず毎日を大切に楽しく生きていきたいですね!

話は変わりまして、先日某アーティスト様の大阪でのライブのヘアメイクをさせて頂きました。
日数が多く連日だったのですが、なかなか内容が濃く楽しい現場でした。
某アーティスト様は歌って踊るグループだったので、汗もかなりかきます。普段のスチール撮影や動画撮影などでの作り込み方とは全く違ってきます!
皆さんもライブやコンサートを見にいく機会があると思いますが思い出して見てください。たくさん動いて踊っているアーティストさん。汗はかいているのでしょうが、びっくりするぐらいメイク崩れてる!方や、びっくりするぐらいヘアセットがくずれてる!って方はいないと思います。
激しく動いて歌って踊って、そしてステージにはたくさんのライト機材。
アーティストさんが終わって、お着替えしてるときに舞台に立って見たのですが、普通に立ってるだけで暑い!!!!なので汗をかいても崩れないメイク、ヘアセットの作り込みが必要なのです。

アーティストさんのライブでは当然メインがアーティストさんなので、まず、その方のイメージ、今回の希望の雰囲気などを聞き、その方のイメージを壊さず、しっかりと作り込んで行きます。
ヘアスタイルは激しく踊っても、頭をふってもくずれよう、しっかりとカールや毛流れを作った後、ハードのワックスやジェルでシルエットを作り、最後にスーパーハードのスプレーでしっかりキープします。
スタイリング剤もかなりの種類が売っていますが、状況や、どんなスタイリング剤を使うかによってテクスチャーの固さやキープ力など変えてあげることで、理想のスタイルに仕上げやすくなります。
オススメはわたしに聞いて貰えばアドバイスしますよ♩

舞台の上では凄く華やかでかっこいいアーティストさんも、控え室では優しく楽しくお話ししてくれ、たくさん盛り上がりました。
話す内容は至って普通で、最近見た映画の話やドラマの話、美味しい食べ物の話や、もちろんスタイリング剤やスキンケアの話。たくさんの話しで盛り上がりました♩♩

皆さん美意識がすごく高くて、わたしも勉強させられました♩乾燥しないよう常にミストかけたり、加湿したりと対策もバッチリ!
季節の変わり目は肌にも体にも心にも、全てにとって負担がかかる時期なので優しくしてあげましょう♩
では次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column