Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2016/05/01

第134回「最近流行の…」

皆さんこんにちは。NAOです。
今年は2日休めば10連休という大型連休ですね。いかがお過ごしでしょうか?
海外に旅行に行かれる方もいらっしゃるでしょう。人混みの苦手な方は部屋の中で有意義な時間を過ごされていらっしゃるでしょう。皆さん過ごし方は様々だと思いますが、わたしは連勤です♩
忙しくさせて頂けてありがたさでいっぱいです。

やっと暖かくなり、むしろ暑さも感じるぐらいですね。心地よい風と若葉の緑が爽やかで、過ごしやすく良い季節ですが、五月病と言われるようにこの時期は気が緩みやすい時期です。あと1ヶ月で今年も半分終わるので気合いをいれていきましょう♩

さて、年中ダイエッターのわたしですが、これから夏に向けて減量したり、ウェイトしたりされる方も多いのではないでしょうか?
わたし自身、食べて動いて痩せる派なのですが、最近現場でおしゃべりしながら盛り上がる話題はズバリ油!!!
油といえば体やダイエットに悪そうなイメージですが、良質な油をとることで美肌にも、健康にも、そして綺麗に痩せられちゃう最高のアイテムだったのです。
体に塗るのももちろん良いのですが、食べる油を変えれば内側から変われるので是非チャレンジしてみて下さい。

まず油には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。飽和脂肪酸は摂りすぎると悪玉コレステロールが増加し生活習慣病の原因にもなるので、要注意の油です。実は今話題のココナッツオイルもその仲間なのです!でもご安心を。飽和脂肪酸の中でも消化吸収がよく、身体に脂肪がつきにくい種類の中鎖脂肪酸というものですので、積極的に摂取して、脂肪の付きにくい体をゲットしましょう♩

もう一つの油、不飽和脂肪酸は植物や魚介類に主に含まれています。これに分類されるオレイン酸やDHAなどは健康サプリメントにも入っているぐらい身体に良いと有名ですね。これらはコレステロール値を下げ、生活習慣病の予防も期待できるみたいです!特にDHAは青魚に多く含まれていますよ。
不飽和脂肪酸の中で他にオススメなのは美肌に良いオリーブオイル、悪玉コレステロールを下げるライスオイル、椿油、亜麻仁油、えごま油などです。良い油も摂り過ぎはよくないので、なんでも適量が大切ですね。

身体に良い油をきちんと摂取できると、ホルモンバランスが保たれ、脳や神経の機能を保つのでボケや、老化防止にもなるみたいですね。これを機会に油を集めて料理し、素敵な体調で夏を迎える準備をしましょう。

では、次回のコラムも宜しくお願いします。

Therapeutic
Column