Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2016/04/01

第133回「モノクロ映画」

皆さんこんにちは。NAOです。
4月になり、気候も温かくなり、街を見渡せば柔らかい色で溢れていますね。
花見をしよう!ピクニックいこう!など外に出たくなる季節ですが、花粉症の方にとってはなかなか辛いシーズンですね!幸いに私は花粉症もなく、ストレスフリーで日々過ごさせて頂いてます。
もう4月。年明けてからすごく早かったです。あと2ヶ月すれば2016年も半分終わったという事ですね!上半期が終わるまでに今年掲げた抱負も進めたいところです。

さて話は変わりまして、最近久しぶりにモノクロ映画を見ました。カラーとは違う光と影で人物の心理描写なども演出しているので、深みが出てより一層面白かったです。
カラーだとその人の表情、現場の状況とかが鮮明に分かるので、モノクロ映画の圧倒的情報量の少なさの中で、鑑賞者が想像を膨らませながら物語が進んで行くのが、すごく刺激的で面白かったです。
一分一秒目が離せなくてすごく魅入ってしまいました。音楽も今では流れないタイミングで流れたり、昔懐かしいテンポや音の響き方も凄く新鮮に感じました。
最近はカメラ、テレビの画質もかなり進み、繊細な絵も撮れる時代になりましたが、全てが映り切らない独特の世界観も、今見るからこそ新鮮に感じるのかもしれないですね。
この仕事をしていく中で見え方、見せ方などはとても大事にしないといけない事なのですが、モノクロ映画を見た後、何か自分の中の新しい扉が開けたような気がします。

3月はバタバタされる方も多いと思いますが、一段落ついたこの時期にゆっくり映画でも見て見てはいかがでしょうか?
髪型とかメイクもすごく可愛くて早速マネしたくなるものばかりですよ。
これを機にモノクロ映画にはまってしまいそうです

では次回のコラムも宜しくお願いします。

Therapeutic
Column