Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2015/10/01

第127回「2015年秋冬」

皆さんこんにちは。NAOです。
10月に入り朝晩は冷え込み、秋の訪れを感じられるようになりましたね。
今月はハロウィンイベントもあり、街が賑わっていますね。わたしは毎年ハロウィンイベントにチカラをいれているのですが、今年もばっちりキメて行きたいと思います。
一昔前はハロウィンイベントをしている人は少なかったのですが、最近は年々ハロウィンにコスプレや仮装をされる方が増え、31日なんかは普通の服で歩いていたら逆に目立つぐらいイベントが浸透してきましたね。
ユニバーサルスタジオなどもハロウィンイベントに力をいれていて楽しみどころが増えました。

撮影現場ではファー、ダウンコートなどのアイテムが盛りだくさんで、衣装は寒くなってきたのですが、モデルさんはとても暑いのに、寒そうな表情を作り込んだりしているのを見るとプロだなとつくづく感じます。

2015年の秋冬。
今年のトレンドはずばり「ダークオレンジ」です。
夏のオレンジは蛍光カラーで華やかな印象ですが、ダークオレンジは派手見えしすぎない印象で秋らしい大人な雰囲気にしてくれます。
今年のトレンドの70年代ファッションやミリタリーなどにも合わせやすく、かつ抜け感が出る今季注目の新カラーです。
オレンジ系のアイテムは黒、デニムにも合いますし、冬を象徴するホワイト、カーキ、ベージュにもマッチするので、着まわし力抜群です。
イエローネイビーなどは定番カラーとして定着していますが、ダークオレンジもなかなか使えます。

トップスとしても、ボトムとしても、小物で取り入れても、何にでも馴染むので是非取り入れて見てください。
リップカラーも合わせて、チョコっぽい色味を取り入れてあげるのもオススメです。
質感はマットな感じで、落ち着きのあるチョコレートカラーやベージュ系などをつけてあげると、メイクにも垢抜け感がでて、秋冬のトレンドファッションもより生きてきます。
ファッション、ヘア、メイク、全体のバランスがすごく大切だと痛感します。
バランスが崩れると、せっかく可愛いアイテムも垢抜けなくなったりします。
秋は色味で演出するとバランスがよくなるので、ふだん身につけないような手にとらないようなアイテムもぜひチャレンジして見てください。

では次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column