Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2015/08/01

第125回「LIVE」

皆さんこんにちは。NAOです。
毎日暑い暑いが口癖になっている今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私は祭りに海にイベントにと、仕事、プライベート共に忙しく楽しく過ごさせていただき充実した日々を送らせて頂いています。
一日がもう少しながければ!夏がもう少し長ければ!なんて事を毎日思っています。

8月に入り夏服はファイナルセールですが、一角にはファーなどの秋物が並んでいますね。
9月に入ってもまだまだ暑いのに秋服を着たくなっちゃいますね。
おしゃれは我慢。なんて言葉がありますが女子はいろいろと大変です。

さて話は変わりまして先日某アーティストのLIVEに行かせて頂きました。そのアーティストに最近はまっているのですが、見せ方という部分で凄く勉強させて頂きました。
ヘアメイク、スタイリング、やる事は同じなのに、シチュエーション、テーマなどによって見せ方はかなり変わってきます。

一つのヘアメイクができるからといって全てができるわけではなく、毎回毎回勉強の毎日なのですが、そのLIVEでは選曲、衣装によってヘアメイクが全然違い、360度どの角度から見ても素敵に、そしてお客様があきないように工夫されていました。それもかなりの短時間で。

スチール撮影やロケ撮影など、近くで写す物は微妙なニュアンス、ベースの見せ方などを注目して進めて行くのですが、LIVEで必要なのは遠くから見てもしっかり綺麗に素敵に見せる事です。見えるようにではなく見せるようにがポイントです。
文字にすると簡単なように聞こえるのですが、実際問題やってみると高度なテクニックが必要になってきます。

今回私が学ばせてもらったのは、ずばり「バランス」です。
その方は身長があまり高い方ではないのですが、かっこ良いのも、セクシーなのも、キュートなのもバランスでよく着こなしていました。

日々新しいセンスを磨くためにいろいろ見たり、読んだり、感じたりとする事がとても大事です。この仕事の辞められないところはゴールがなくいつまでもゴールを求めて勉強するところでしょうか。
それでは次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column