Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2015/07/01

第124回「夏のメイク」

皆さんこんにちは、NAOです。
むしむしとした梅雨も終わりましたね。7月になり、夏真っ盛り。花火大会、海、フェス、夏休み、セールなどイベント盛りだくさんの季節。
個人的にわたしは夏が大好きなので、わくわくしてたまらないです。したい事がたくさんありすぎて一日がもっと長ければいいのに!と毎日呟いています。

さて、いろいろとイベントがあるという事はたくさんの人と出会ったり、いつもと違う装いで新たな自分になったりできますね。
浴衣を着たり、水着になったりすると思いますが、そんな時にいつも通りのメイクではもったいない!!!
夏はイベントごとにメイクを変えてみてはいかがでしょうか?

2015年夏メイクのポイントはずばり「ワンポイントカラー」です!
昨年に引き続きナチュラルブームですが、ナチュラルな中にカラーを少し取り入れてあげるだけでぐっとアクセントになります。
大人っぽい浴衣のときは涙ぶくろにピンク系のカラーを。うるっとした印象になり夜空に咲く花火もより一層輝きます。

フェスでおもいっきり露出!なんて時はレインボーマスカラなんてどうでしょうか?4色ほど部分的に取り入れてみれば目立つ事間違いなし!たくさんの色がある中からお気に入りの色をチョイスしてみては。
もっと派手にしたい!なんて方にはストーンをつけたり、羽をつけてみたり、思いっきり頬にカラーシャドウで落書き!なんてのもありですね。

海で魅惑の美女になんて方には目元はぐっとヌードに仕上げ、口元はウェットピンクなんていかがでしょうか?
ビビットピンクや、オレンジ、赤などでがっつり発色させるのが定番化してきてますが、あえてウエットな質感で仕上げてあげるのが夏メイクのワンポイントです。
指でポンポンと重ねてから、グロスをオンすればウエットな質感になります。
チークも合わせて練りチークにしてあげればますますウエットピンクメイクに!

髪の毛はアレンジするけどいつも通りになりやすいメイク。
初めてカラーを取り入れた時は違和感あると思いますが、トータルコーディネートばっちりなあなたなら目立つこと間違いなし!
新しい自分の扉を開いてみてはどうでしょうか?

それでは、次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column