Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2015/01/01

第118回「冬のスキンケア」

新年明けましておめでとうございます。NAOです。
月1回のコラムですが今年も宜しくお願いします。

日に日に寒さが増し、毎日ブルブルと震えています。初詣、バーゲン、新年会といろいろ出費の多い時期ですが、スキンケアはしっかりしていますか?
1~2月。一年のなかで肌トラブルが一番出やすい季節ですね。外は寒いのに中は暖房の風が強かったり。冬の過酷な乾燥により、外にいても部屋の中にいても、お肌の潤いは失われる一方。乾燥は一番の肌老化の原因なのでしっかりケアしたいところです。
外食続きな食生活、寝不足が続いたり夜更かししたりと乱れる生活リズム。身体の中からも乾燥対策は必要です。ビタミンミネラルをしっかりととって中からもケアしてあげましょう。

では具体的にどうすれば、乾燥対策できるかを今回はお話ししたいと思います。
冬になり、寒くなると毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。なので必用な栄養分や酸素が運ばれず、肌の新陳代謝がスムーズに行われなくなります。という事は身体を温める。という事も大事になってきます。
夏に比べ冬は汗や皮脂の分泌量が大幅に減少します。そのため天然のクリームと言われている皮脂膜が不足してしまいます。大人の肌は洗顔後最速で乾燥していくので夏以上にしっかりと保湿しなければなりません。なので冷えて固まった皮膚や筋肉をほぐすためにも、ゆっくり湯に浸かってリラックスしたり、優しくマッサージしてみたりがオススメです。
冬はシャワーで済ませる方が増えますが、冷えて疲れがたまっている身体をほぐすにはゆっくりお湯に浸かる事が大事です。

スペシャルケアも大事ですが、お金のかからないシンプルな事を改善するだけでもかなり改善できると思います。では次回のコラムも宜しくお願いします。

Therapeutic
Column