Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2013/11/01

第104回「現場慣れ」

皆さんこんにちは。
11月になりましたね。今年も残すところあと少しです。
専門学校生は卒業も目の前に迫ってバタバタとしているのではないでしょうか?

私は、少し前からファッションの撮影にアシスタントとして後輩を連れて行っています。彼女ももうすぐ1人で撮影へ行く事になりそうです。
初めは凄く緊張をしていて、私にできるかなぁ?という感じでしたが、今は1人で撮影を回すまで成長しました。

誰でもはじめは緊張しますし、目の前しか見えず、周りの動きが把握できませんよね…。
ですが、『現場慣れ』と言う言葉のとおり、回数をこなすことで、周りが見えるようになってきます。先輩と一緒に色々な現場へ行き、色々な雰囲気を自分の肌で体験することで、この慣れが身についていくのでしょうね。

アシスタントの彼女も、色々な先輩と色々な現場で、現場独特の雰囲気を沢山経験してきました。いつ頃からか、一人でも出来るという自信がついてきたのでしょう。急に周りを見ることが出来るようになりました。最初は私が沢山フォローしていましたが、もうフォローすることはなくなりました。

このコラムを読んでくれている、これからヘアメイクを目指す方も、初めは現場へ入ってもどう動いて良いのか分からず、落ち込むこともあるかもしれません。
ですが、回数をこなしていくと周りが徐々に見えてきます。自分が何をすれば現場がスムーズに進むか分かるようになるので、色々な現場を経験してくださいね。

では、次回のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column