Hair Make & Stylist Office Therapeutic T:06-6925-1020 / M:info@therapeutic.co.jp

Column

2013/09/01

第102回「イベント」

皆さんこんにちは。 9月になり夏も終わりですね。色々な方とお話していると、海へ行ったり、花火に行ったりと夏を満喫していて少し羨ましく思いました。 暑いので早く夏が終わって欲しいと思っていましたが、いざ終わると何故か寂しいものですね…

さて、先日某アイドルグループのライブにスタイリストとして行って来ました。ライブやショーなどのイベントの裏方はとても大変です。イベントでは早着替えがメインとなることも多いので、スタイリストもヘアメイクもゆっくりしている暇はありません…。今回はイベントの仕事についてお話したいと思います。

イベント当日のスタイリストの主な仕事は着替えのお手伝いです。出演者は出番が終わると衣装のチェンジに急いでやってきます。スタイリストは次に着替える衣装のファスナーを開け、ハンガーから外し、着替えやすいように整えておきます。そして、出演者がやってくると脱ぎやすいようにファスナーを開けていきます。出演者が大勢いるときは、脱ぎに来た方からどんどんファスナーを開けていきます。 衣装を渡し着替えてもらっている間にファスナーを上げていき、アクセサリー、衣装の着忘れがないかを確認していきます。 ヘアメイクは渡されたヘアアクセを出演中にとれないようにしっかりと止めていきます。付ける位置が決まっている時は間違えないようにつけていきます。決まっていない時はバランスよくつけていきます。

着替えが終わり出演者が衣装部屋から出て行くと、脱ぎ終わった衣装を片付けていきます。脱ぎ散らかっているので、衣装が他の人のものと混ざらないようにハンガーへかけていきます。アクセサリーや似ている衣装がある時は特に気をつけて混ざらないようにしなければいけません。

表から見ていると裏のバタバタとした雰囲気は微塵も感じませんよね。イベント系はもちろんですが、CM撮影や広告撮影でも表と裏は大違いですよ。裏方を見られるこの仕事は本当にやりがいがあって楽しいと思います。 皆さんも、いろいろな仕事に挑戦して、さまざまな経験を積んでくださいね。では、次のコラムもよろしくお願いします。

Therapeutic
Column